How to

日本茶嗜好

【お茶の淹れ方・保存方法】

お茶は淹れ方の違いで味が変化する繊細な飲み物です。「一番美味しく飲める」とされる淹れ方ありますが、そもそもお茶は嗜好品。
自分の好みの淹れ方を見つけることもまた、お茶の嗜み方の一つと言えます。
ちょっとしたコツさえあれば、どなたでも至福の一杯をいれられます。

HOW TO

日本茶嗜好

【お茶の淹れ方・保存方法】

お茶は淹れ方の違いで味が変化する繊細な飲み物です。「一番美味しく飲める」とされる淹れ方ありますが、そもそもお茶は嗜好品。自分の好みの淹れ方を見つけることもまた、お茶の嗜み方の一つと言えます。ちょっとしたコツさえあれば、どなたでも至福の一杯をいれられます。

1

水は必ず沸騰させる

水は必ず沸騰させる 水道水は十分に沸騰させたものを使いましょう。
3

お茶の葉を量る

お茶の葉を量る サジでお茶の分量を量り、急須に入れます。
5

茶碗にお茶を注ぐ

茶碗にお茶を注ぐ 回し注ぎをして、それぞれの茶碗を同じ量、濃度にします。
2

お湯の量を計りながら適温に冷ます

お湯の量を計りながら適温に冷ます お湯を茶碗に8分目まで注いで、湯量を量りながら湯冷ましをします。
4

茶碗で湯冷まししたお湯を急須に入れる

茶碗で湯冷まししたお湯を急須に入れる 急須にお湯を入れ、蓋をしてじっと待ちます。
6

最後の一滴まで注ぐ

最後の一滴まで注ぐ 急須の中の最後の一滴まで注ぎ切りましょう。

2煎、3煎を召し上がる場合は、徐々に湯温を上げていれます。

1

水は必ず沸騰させる

水は必ず沸騰させる

水道水は十分に沸騰させたものを使いましょう。

2

お湯の量を計りながら適温に冷ます

お湯の量を計りながら適温に冷ます

お湯を茶碗に8分目まで注いで、湯量を量りながら湯冷ましをします。

3

お茶の葉を量る

お茶の葉を量る

サジでお茶の分量を量り、急須に入れます。

4

茶碗で湯冷まししたお湯を急須に入れる

茶碗で湯冷まししたお湯を急須に入れる

急須にお湯を入れ、蓋をしてじっと待ちます。

5

茶碗にお茶を注ぐ

茶碗にお茶を注ぐ

回し注ぎをして、それぞれの茶碗を同じ量、濃度にします。

6

最後の一滴まで注ぐ

最後の一滴まで注ぐ

急須の中の最後の一滴まで注ぎ切りましょう。

 お茶のレシピ<1人前>

上撰深蒸し茶

茶葉の量 3g
湯温 70-80℃
湯量 100cc
浸出時間 30-40秒

あさぎり紅茶

茶葉の量 3g
湯温 95℃
湯量 120cc
浸出時間 2分

茶農家の生

茶葉の量 3g
湯温 80-90℃
湯量 170cc
浸出時間 20秒

 お茶の保存方法

お茶は酸化したり湿気を吸ったり、他のものの匂いを吸着しやすい食品です。
酸素、湿気、温度、光(紫外線)に弱く、味や香りが落ち、色も赤く変わってしまいます。
これらを防ぐために、密閉して涼しく暗い場所に保管することが大切です。

1

使う分だけ茶缶に移す

使う分だけ茶缶に移す
3

冷蔵庫に保存

冷蔵庫に保存
2

袋をしっかり閉じる

袋をしっかり閉じる
2

取り出したら常温になるまで待つ

取り出したら常温になるまで待つ

 お茶の保存方法

お茶は酸化したり湿気を吸ったり、他のものの匂いを吸着しやすい食品です。
酸素、湿気、温度、光(紫外線)に弱く、味や香りが落ち、色も赤く変わってしまいます。
これらを防ぐために、密閉して涼しく暗い場所に保管することが大切です。

1

使う分だけ茶缶に移す

使う分だけ茶缶に移す
3

冷蔵庫に保存

冷蔵庫に保存
2

袋をしっかり閉じる

袋をしっかり閉じる
2

取り出したら常温になるまで待つ

取り出したら常温になるまで待つ