茶園管理

■茶園に”こもがけ(覆い)”をしました。 茶葉収穫前の約1週間、茶葉を太陽の光から遮(さえぎ)ります。この”こもがけ(覆い)”によって、茶葉が柔らかく、茶葉の葉緑素が更に濃くなり、アミノ酸が更に増加することにより、上品質の新緑の美味しい新茶が出来上がります。写真は、”さえみどり(早稲品種)”に白い”こもがけ(覆い)”をしている作業中です。黒い”こもがけ(覆い)”もありますが、太陽光と太陽熱を遮る為には、白い”こもがけ(覆い)”が適しています。

動画はこちら→https://youtu.be/KZ-kmdizapI
白い”こもがけ(覆い)をした”さえみどり(早稲品種)”と新緑・残雪の富士山

お茶工房 お茶新芽

■新茶の新芽(自社茶園)
黄緑色の若芽のみを摘み取って造ったお茶が1番茶です。養分をたくさん含んでいるのでとても美味しいです!!

お茶の新芽

■お茶の新芽が出揃いました。
残雪の富士を背に、今年もお茶の新緑ジュータンが敷かれました。
刈り取りまでもう直ぐです!! また今年は霜にもあわず、降雨も充分で美味しい新茶の仕上りが期待出来そうです!!