静岡茶なら富士山の麓 (ふもと)、お茶の里静岡富士園にご用命ください。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

TOP



富士山の麓からおいしい静岡茶を全国へお届けしています
富士山と富士園本社
■茶園に"こもがけ(覆い)"をしました。茶葉収穫前の約1週間、茶葉を太陽の光から遮(さえぎ)ります。この"こもがけ(覆い)"によって、茶葉が柔らかく、茶葉の葉緑素が更に濃くなり、アミノ酸が更に増加することにより、上品質の新緑の美味しい新茶が出来上がります。写真は、"さえみどり(早稲品種)"に白い"こもがけ(覆い)"をしている作業中です。黒い"こもがけ(覆い)"もありますが、太陽光と太陽熱を遮る為には、白い"こもがけ(覆い)"が適しています。

"こもがけ(覆い)"した茶園(さえみどり/早稲品種)と残雪の富士山と新緑
白い"こもがけ(覆い)をした"さえみどり(早稲品種)"と新緑・残雪の富士山
富士園のお茶は、富士山の南麓(なんろく)、標高200~300mの高地に位置し、霧が多く発生する所で農薬は極力抑え(通常の半分以下)、有機質肥料主体で栽培管理し、自社工場にて丁寧につくりあげたものです。
どうぞ自園農家直売の安全で美味しいお茶をご賞味下さい。



大変希少価値の高いお茶ですのでお茶好きの方に大変おすすめです。
またご贈答にも大変お喜び頂いております。

詳しくは富士山本宮浅間大社ホームページをご覧ください。



富士園通信登録 (メルマガ登録)
富士園オフィシャルサイト